フォニックスはフレックスの専門分野です

フォニックス学習は、英語の音と文字の関係を学ぶことで、正確な発音と読み書きの基礎を身につける学習方法です。

具体例
「a」は「ア」と発音されます。
例えば、”cat”や”hat”

「b」は「ブ」と発音されます。
例えば、”bat”や”baby”

「sh」は「シッ」と発音されます。
例えば、”sheep”や”ship”

1. フォニックス教材を使用する
2. (動画で)発音に重点を置く
3. (動画で)音読を繰り返し練習する
4. ワークシートを活用する

これらの方法を組み合わせることが大事です。規則的な練習と指導サポートで、英語の読み書きスキルを向上させましょう。

講師が毎回レッスンに組み込みますが、自宅での取り組みとして動画とテキスト、ワークシートなど自由に使えて、全てレッスン料金に含まれています

フォニックスを学ぶことで読解やスペルの向上を実感できるため興味を持つことが多いです。

飽きさせないために、自宅学習用の動画や関連したワークシートをご用意しています。

戻る

    フォニックスは“発音が一番大事”。動画がなければ始まらない!

    読めない理由の一つは、反復練習をさせることが難しいからです!

    それでは、フォニックスに関する
    \情報と解決法/をQ&Aで、ご説明します。

    【いまさら聞けない】フォニックスの疑問

    Q. なぜフォニックスが大事なの?

    1. 読み書きの基礎を身につける:正確な読み方やスペルを習得することができます。

    2. 発音を改善する:の特徴や発音ルールを学べる

    3.新しい英単語を音と文字の関係から意味を推測できる

    4. 自信を高める:正確な読み書きができると、英語に対する苦手意識が軽減されます

    戻る

    Q.うちの子供はフォニックスを学べる年齢なの

    おすすめの年齢としては、4歳から6歳の間が一番身に付きます。

    言語の発達が急速に進む時期です。

    この年齢では、基本的な音の認識や発音の改善が可能

    Q. 高学年(例えば大人)でもフォニックスを勉強したほうが良いの?

    高学年でもフォニックスを学ぶことは有益です。リーディングやスペルの正確性と、読み方や発音のルールを習得し理解度を向上させます。

    ただし、高学年になると学習の幅が広がるため、フォニックスだけでなく、リーディングやリスニング、スピーキングスキルも重要です

    戻る

    フォニックスだけじゃない!【様々な無料教材&シャドーイング動画】

    \1万ファイル以上!/

    英検1次2次(5級~1級)・英作文・カランメソッド・デュアルメソッド・お子様教材多数

    英会話レッスンが初めてのお子様でも、ハイレベルな会話力を目指している方にも、予習復習が簡単にできます。

    タイトルとURLをコピーしました